• Home
  • AES (Anti Enbolism Stocking) 手術後/日常の血栓予防 「医療事故から自分の身を守る」

弾性ストッキング[手術後の深部静脈血栓症の予防における](だんせいすとっきんぐ) 「メディカルフットウェアを追求」

AES (Anti Enbolism Stocking) 手術後/日常の血栓予防 「医療事故から自分の身を守る」

4,200円(税別)

平成16年度診療報酬改正の目玉の一つに、 肺血栓塞栓症予防管理料が新設され305点がつく事になりました。 これは一般病棟に入院した患者で、 肺血栓塞栓症のリスクが高い患者に対して、 この症状の予防を目的とした場合に限り、 入院期間中に1回限り算定できるようになったもので、 肺血栓塞栓症状 (いわゆるエコノミー症候群等) の予防に使われる弾性ストッキングやフットポンプの購入が認められました。 弾性ストッキングを使う事で肺血栓塞栓症状が完全に防げるわけではないが、 少なくとも予防価値が認知された事だと評価されています。特殊な編み方でつくられていて、圧迫力を備えた医療用ストッキングです。弾性ストッキングを装着すると、足全体が圧迫され続けるため、下肢の静脈のよどみが少なくなり、下肢静脈の血流がよくなります。このため、手術の際に血栓(深部静脈血栓:血液の中にできる血のかたまり)ができるのを防ぐ目的で装着します。下肢静脈瘤やリンパ浮腫の治療を目的とする弾性ストッキングより、弱めの圧迫圧のものが使われます。「シルクのように肌ざわりがいい」のが特徴です。
帝王切開後の着用、病棟での使用、ご自宅での使用などおすすめです。病院の売店でもお求めになれます。
これまでは全国病院の売店等を中心に売られていましたが、2014年の法改正によってリスクの低い一般医療機器として分類されたためネットでの販売を開始しました。

【使用目的、効能又は効果】
下肢の静脈血、リンパ液のうっ滞を軽減又は予防する等、静脈還流の促進を目的に使用される医療用の弾性ストッキングである。末梢から中枢に向かい漸減的に圧迫を加える機能を有する。

医療機器届出番号13B3X10094000001

ベノサンからついに初登場

弾性ストッキング[手術後の深部静脈血栓症の予防における](だんせいすとっきんぐ)
特殊な編み方でつくられていて、圧迫力を備えた医療用ストッキングです。弾性ストッキングを装着すると、足全体が圧迫され続けるため、下肢の静脈のよどみが少なくなり、下肢静脈の血流がよくなります。このため、手術の際に血栓(深部静脈血栓:血液の中にできる血のかたまり)ができるのを防ぐ目的で装着します。下肢静脈瘤やリンパ浮腫の治療を目的とする弾性ストッキングより、弱めの圧迫圧のものが使われます。

効能・効果

<効能・効果>
脚のむくみを改善。 ・リンパの流れを改善。 ・血行を促進 下肢の静脈血、リンパ液のうっ滞を予防

ご自宅で

リラックス テレビ・映画を見ながら

ホームウェアとして

シルクのような肌ざわり

かんたんに履ける

足首は二層構造

血栓を知ろう 10月13日は世界血栓デーです。

B017 肺血栓塞栓症予防管理料 305点

(1) 肺血栓塞栓症予防管理料とは、肺血栓塞栓症を発症する危険性が高い患者に対して、肺血栓塞栓症の予防を目的とし、必要な医学管理を行った場合を評価するものをいう。
(2) 肺血栓塞栓症予防管理料は、病院(療養病棟を除く。)又は診療所(療養病床に係るものを除く。)に入院中の患者であって、肺血栓塞栓症を発症する危険性の高いものに対して、肺血栓塞栓症の予防を目的として、弾性ストッキング(患者の症状により弾性ストッキングが使用できないなどやむを得ない理由により使用する弾性包帯を含む。)又は間歇的空気圧迫装置を用いて計画的な医学管理を行った場合に、入院中1回を限度として算定する。なお、当該管理料は、肺血栓塞栓症の予防を目的として弾性ストッキング又は間歇的空気圧迫装置を用いた場合に算定し、薬剤のみで予防管理を行った場合は算定できない。また、医科点数表の第1章第2部通則5に規定する入院期間が通算される再入院の場合も、それぞれの入院において入院中1回を限度として算定する。

(3) 肺血栓塞栓症の予防を目的として使用される弾性ストッキング及び間歇的空気圧迫装置を用いた処置に要する費用は所定点数に含まれる。なお、肺血栓塞栓症の予防を目的として弾性ストッキングが複数使用される場合も、当該費用は所定点数に含まれる。また、同一の弾性ストッキングを複数の患者に使用してはならない。
(4) 肺血栓塞栓症の予防に係る計画的な医学管理を行うに当たっては、関係学会より示されている標準的な管理方法を踏まえ、医師との緊密な連携の下で行い、患者管理が適切になされるよう十分留意する。

お客さまの声

締め付け感が殆どないのに、これを履いて寝ると、翌朝むくまずにスッキリしています。
柔らかくて履きやすいですし、乾きやすいのも良いです。(アマゾン)

弾性ストッキング[手術後の深部静脈血栓症の予防における](だんせいすとっきんぐ) 「メディカルフットウェアを追求」

AES (Anti Enbolism Stocking) 手術後/日常の血栓予防 「医療事故から自分の身を守る」

4,200円(税別)

平成16年度診療報酬改正の目玉の一つに、 肺血栓塞栓症予防管理料が新設され305点がつく事になりました。 これは一般病棟に入院した患者で、 肺血栓塞栓症のリスクが高い患者に対して、 この症状の予防を目的とした場合に限り、 入院期間中に1回限り算定できるようになったもので、 肺血栓塞栓症状 (いわゆるエコノミー症候群等) の予防に使われる弾性ストッキングやフットポンプの購入が認められました。 弾性ストッキングを使う事で肺血栓塞栓症状が完全に防げるわけではないが、 少なくとも予防価値が認知された事だと評価されています。特殊な編み方でつくられていて、圧迫力を備えた医療用ストッキングです。弾性ストッキングを装着すると、足全体が圧迫され続けるため、下肢の静脈のよどみが少なくなり、下肢静脈の血流がよくなります。このため、手術の際に血栓(深部静脈血栓:血液の中にできる血のかたまり)ができるのを防ぐ目的で装着します。下肢静脈瘤やリンパ浮腫の治療を目的とする弾性ストッキングより、弱めの圧迫圧のものが使われます。「シルクのように肌ざわりがいい」のが特徴です。
帝王切開後の着用、病棟での使用、ご自宅での使用などおすすめです。病院の売店でもお求めになれます。
これまでは全国病院の売店等を中心に売られていましたが、2014年の法改正によってリスクの低い一般医療機器として分類されたためネットでの販売を開始しました。

【使用目的、効能又は効果】
下肢の静脈血、リンパ液のうっ滞を軽減又は予防する等、静脈還流の促進を目的に使用される医療用の弾性ストッキングである。末梢から中枢に向かい漸減的に圧迫を加える機能を有する。

医療機器届出番号13B3X10094000001