• Home
  • お悩み別
  • 妊娠

妊娠

妊婦さんの足のむくみ

妊婦さんのみなさんこんにちは。妊娠中は何かと足がむくむのではないでしょうか?特に心配することのないむくみと病気が潜んでいるといわれるむくみがあること知っていますか?このコーナーでは妊娠中のむくみについて解説します!

妊娠中にむくみやすくなるのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)や卵胞ホルモン(エストロゲン)の影響が大きく。妊婦さん全体の約30%が体験する生理的反応ということなのであまり心配しすぎない方がいいと言われています。

大きくなった子宮に血管や鼠径リンパ節(足の付け根のリンパ)などが圧迫されて、足や下半身がますますむくみやすくなります。

妊娠後期(8ヶ月)に入ると、血管の通りをよくして、赤ちゃんにたくさんの血液を運べるように、血液中の水分が多くなって、さらにむくみやすくなります(血液量の増大)

妊娠中のむくみには、ただのむくみではない場合もあり、注意が必要です。

みなさん、下肢静脈瘤という病名を聞いたことがありますか?足に血管が膨らんでいる場合は、下肢静脈瘤の可能性もあり注意が必要です。

妊娠後期になり子宮が大きくなってくると、足のつけ根にある太い静脈の弁に強い圧力がかかるようになって、足のつけ根にある逆流防止弁に負担がかかり、弁が壊れ不全に。さらに、妊娠中はプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きで血管が広がりやすくなるために、弁が壊れた静脈内に血液が溜まりやすく、血管が目立つようになるというのがメカニズム。場合によっては、妊娠3ヶ月くらいまでの初期であっても異常が起こることがあるそうです。

気を付けなければならないのが、血管が浮き上がっていない場合でも、何らかの原因で逆流防止弁が壊れている場合があって、そういう静脈瘤を「隠れ下肢静脈瘤」と呼ぶこともあります。