• Home
  • カスタマーサポート

カスタマーサポート

ベノサン製品に関するご質問、必要なサポートが見つからない場合はお問い合わせください。

ベノサン製品に関するご質問、必要なサポートが見つからない場合はお問い合わせください。
お電話でのご相談:0120-797-693(なくな むくみ/ 月曜~土曜 10:00~19:00)

ベノサンケアプログラム

ベノサンケアプログラムは、製品の着脱方法や取り扱いのご相談、品質保証、次回購入割引、医療機関のご紹介等、ご購入者限定のサービスプログラムです。ぜひ、お気軽にご活用ください。

ベノサンケアプログラムのご利用はすべて無料です。

ベノサンケアご利用には、パッケージ外箱に記載している製造番号が必要となりますので大切に保管ください。

製品サポート

正しい着脱方法や着用状態、着用のタイミング、洗濯の方法や保管方法ほか、ベノサン製品の着用に関することや取り扱いに関して、ベノサンスタッフが電話、電子メール(ベノサンホームページ)にてお答えいたします。
また、製品に関するトラブルもこちらでお受けしております。

ご購入から6ヶ月間の品質保証

ベノサン製品は通常使用、推奨洗濯および保管下で6ヶ月間の耐久性が確認されております。
ご購入後6ヶ月以内、通常使用、推奨洗濯および保管下で破損があった場合、製品を新品とお取替えいたします。

●対象製品 ベノサン5000シリーズ

破損があった場合、まずはお電話でベノサンジャパンへその状態をお知らせください。

ご購入から6ヶ月以内のご購入割引き

ベノサン製品ご購入6ヶ月以内のリピート購入をしていただいた場合、お得意様特別価格で販売させていただきます。

●対象製品 ベノサン5000シリーズ
通常価格16,200円→ベノサンケア特別価格12,960円(税込)
※ベノサンショップへ登録後 ホームページからのご購入に限ります

医療機関のご紹介

足のトラブルの原因を知りたい、治療をしたい方を専門医療機関へご紹介いたします。
ベノサンジャパンへお電話ください。
なお、足のトラブルの状態によりご希望に添えない場合がありますのでご了承ください。

療養費申請

患者様
リンパ浮腫治療用の弾性着衣(弾性ストッキング・弾性スリーブ)が
療養費払いとして保険適応となります


四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣などに係る療養費の支給
≪療養費の支給とは≫
やむを得ない事情で、保険医療機関で保険診療を受けることができず、自費で受診したときなど特別 な場合には、その費用について、療養費が支給されます。
平成20年4月付より弾性着衣や弾性包帯が 療養費として申請することが認められるようになりました。

支給対象となる疾病(下記術後に発生する、四肢のリンパ浮腫)
リンパ節郭清術を伴う悪性腫瘍
 悪性黒色腫
 乳腺をはじめとする腋窩部のリンパ節郭清を伴う悪性腫瘍
 子宮悪性腫瘍
 子宮付属機関悪性腫瘍
 前立腺悪性腫瘍および膀胱をはじめとする泌尿器系の骨盤内リンパ節郭清を伴う悪性腫瘍

弾性ストッキング、弾性スリーブおよび弾性グローブの支給
(1)製品の着圧
 30mmHg以上の弾性着衣を支給の対象とする。
【VENOSAN対象商品】
ストッキング5002、スリーブ7002、グローブ2000共にクラスⅡ
※関節炎・腱鞘炎など強い着圧では明らかに支障をきたす場合などは、医師の判断により特別の指示がある場合は20mmHgでも支給。

(2)支給回数
 1回の購入につき、装着部位ごとに2着を限度とする。
※ パンストタイプの弾性着衣については両下肢で1着となることから、両下肢で必要な場合も2着を限度とする。
 下記①~③の場合、医師による指示があればそれぞれ2着を限度として支給可能。
  ①乳がん、子宮がん等複数部位の手術を受けた者で、上肢および下肢に必要な場合。
  ②左右の乳がんの手術を受けた者で、左右の上肢に必要な場合。
  ③右上肢で弾性スリーブと弾性グローブが必要な場合。
※ 前回の購入から6ヶ月経過後の再購入は支給対象。

(3)支給申請費用(購入に要した費用の範囲内:1着あたり)
 弾性ストッキング  上限 28,000円(片足用は25,000円)
 弾性スリーブ    上限 16,000円
 弾性グローブ    上限 15,000円
療養費の支給申請の手順
申請前の準備
① 保険組合窓口で、『療養費支給申請書』を受け取り、必要事項を記入。    ※申請窓口にあります
② 主治医に「弾性着衣等 装着指示書」を作成してもらう。    ※装着指示書は弊社でご用意できます
③ 弾性着衣などの取扱機関にて購入『領収書』を発行してもらう。   ※領収書は弊社で発行できます

申請
① 養費支給申請書 
②療養担当に当たる医師の弾性着衣等の装着指示書
(装着部位、手術日等が明記されたもの。発行書類によっては作成料が必要)
③ 領収書(装着指示書発行日以降の日付のもの) 
④保険証 
⑤印鑑 
⑥世帯主の口座番号
保険組合窓口に上記必要書類を揃えて提出。(提出書類はコピーし、保管)