• Home
  • ベノサンが選ばれる理由
  • 銀イオンの脅威の効果

銀イオンの脅威の効果

銀イオンの効果(汗を吸収しても臭わない新繊維を採用) XtaticsはMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)をはじめとする病院の感染症予防のために開発されました。

銀の抗菌のメカニズムは、
水に溶け出した銀イオン(Ag+)が、
細菌などの細胞内に取り込まれ、
細胞内の酵素の阻害を引き起こし、
細菌を死滅させることによります。
細菌やウィルスなどの微生物が、
繁殖できないのは、溶けた「銀イオン」が、
それらの細胞内に入り込み、酵素を阻害して、
死滅させてしまうからです。

銀の抗菌には、殺菌や消臭の効果があります。

※銀イオンの抗菌作用で素材をきれいに保ちます。湿った繊維などに繁殖するバクテリアを抑え、ニオイを元から防ぎます。
※素材そのものに永続的な抗菌・防臭加工が施されているため、洗濯を繰り返しても効果は衰えず、半永久的に持続します。

医療現場で使われる素材だから 安心・安全 「バクテリアフリー」

銀イオン製品はMRSAなどの感染症予防に「医療現場で使われています。」

銀イオンがバクテリアを攻撃 たった約60分でMRSA菌等が死滅するデーターも

医療従事者・患者さんを感染リスクから守る。

Xstatics 銀繊維の効果(5000・7000シリーズ シルバーライン DBソックスに採用)

汗自体は無臭ですが繊維に吸収されると暖かく湿気が高い環境を作り出し、それが栄養となって嫌なニオイの原因となるバクテリアを繁殖させるのです。バクテリアが汗に含まれるたんぱく質と脂肪酸を分解する際に嫌なニオイが発生します。

Xstatics 銀繊維の効果データー

履くだけで抗菌できる バクテリアを60分で破壊。

消臭素材は汗や加齢臭などのいやな臭いを、文字通り“消臭”する素材です。用途としてはインナーが主力です。金属化合物、天然抽出物など消臭性能を持つ物質やアンモニア、硫化水素といった臭いの原因となる成分に対する吸着性の高い物質、それらの臭い成分をよく分解する物質を、繊維の内部に含ませたり、生地に加工したりすることで、消臭性能を与えます。

インナーのほか、カーテンなどのインテリア、寝具、ユニフォームにも使われます。また、ランニングなどスポーツをする女性が増えてきたことから、こうした用途展開も広がってきました。

4大悪臭の発生を防止
繊維製品向けに消臭機能を付与する場合、とくに衣料では汗臭に対する効果が求められます。汗臭は、アンモニア、酢酸、イソ吉草酸という成分が原因です。汗そのものに臭いはほとんどありません。黄色ブドウ球菌など、人間の皮膚に生息している菌が汗や皮脂を摂取し、排泄した分解物が悪臭の原因なのです。汗をかくということは、菌のエサが皮膚に増えることになるため、細菌が一気に増殖して「汗臭さ」になります。また、こうした細菌の腐敗した死骸も悪臭のもとです。

アンモニア、酢酸、イソ吉草酸に加え、いわゆる「加齢臭」の原因物質である「ノネナール」(脂臭く、青臭いにおいがします)が4大悪臭と言われており、とくに衣料向け消臭素材は、この4臭気への対応が求められます。

サイエンス Based メディスン

MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)

MRSAとは、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌のことです。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌は、英語でMethicillin Resistant Staphylococcus Aureusと書きますので、単語の頭文字をとってMRSAと呼ばれています。
MRSAは、その名のとおり黄色ブドウ球菌の一種です。黄色ブドウ球菌は、ごくありふれた細菌で、健康な人の皮膚などにも付着している常在菌です。
黄色ブドウ球菌は毒性があまり強くないため、健康な人であれば傷口などに付着しても、発症することはなく、重症化することもありません。ただ、免疫力が著しく低下している人の場合、感染症を引き起こすことがあります。
MRSAは黄色ブドウ球菌の中でも、抗生物質に耐性がある遺伝子を持っています。名前だけ見ると、メチシリン(ペニシリン系製剤)だけに耐性があるのかと思いますが、メチシリンだけではなく、ほとんどの抗生物質に耐性があるため、多剤耐性黄色ブドウ球菌と呼ばれることもあります。
MRSAは、黄色ブドウ球菌の一種ですので、健康な人が感染しても発症しません。ただ、大手術後や全身熱傷後など免疫が低下している人や血管内にカテーテルを長期的に入れている人、気管内挿管をしている人などは、MRSAに感染すると重症化しやすいので注意が必要です。
このような人がMRSAに感染した場合、肺炎や関節炎、菌血症(敗血症)、髄膜炎などを引き起こします。
肺炎の場合は発熱や咳、痰、呼吸困難感、関節炎は痛みや腫脹、発赤などの症状が出ます。菌血症になると髄膜炎や腹膜炎を合併したり、重症化するとショック状態に陥り、血圧低下や頻脈、頻呼吸などの症状が現れて、多臓器不全になり、死に至ることもあります。

黄色ブドウ球菌

VRE 薬物耐性菌

緑膿菌

大腸菌

肺炎桿菌

銀イオンの効果で 「60分で99.9%除去を実証」第三者機関で行われた検査結果

第三者機関で行われた検査結果 「日本の検査機関でも実証されています。」

医療現場で「シーツ」

「患者用パジャマ」

「術着」

「包帯」

白衣