• Home
  • 医学情報・健康
  • シープ分類(症状別)

シープ分類(症状別)

足の静脈性疾患のCEAP分類

着圧の強さには要注意です! 一般的には着圧のレベルと使用目的は下記にように分けられます。
・約10mmHg~20mmHg
→日常生活の軽いむくみの対策として使用する場合
・約20mmHg~30mmHg
→日頃からむくみの症状が重く気になる方が使用する場合
・約30mmHg~50mmHg
→市販のものでは圧力が足りない方。リンパ浮腫や下肢静脈瘤など、病気としてのむくみの対策や、エコノミークラス症候群の予防を考えている場合。(要医師の指示書)