• Home
  • 防災には「自助・共助・公助」が必要とされていますが、「車中泊避難対策」のための「配布用医療用弾性ストッキング備蓄」は各地の自治体だけではカバーしきれていない現状があります。

2017.09.02

防災には「自助・共助・公助」が必要とされていますが、「車中泊避難対策」のための「配布用医療用弾性ストッキング備蓄」は各地の自治体だけではカバーしきれていない現状があります。

9月1日は防災の日

毎年9月1日は防災の日で、防災の日を中心とした1週間が防災週間となっています。また、毎年1月17日を防災とボランティアの日、1月15日から1月21日までが防災とボランティア週間です。防災グッズの準備や点検を行い、家族で防災や防災グッズについて話し合いをするなどして、災害についての認識を高めましょう。

また、年に4回、防災用品点検の日があります。3月1日、6月1日、9月1日、12月1日が防災用品点検の日。その日には、非常持ち出し品類など古くなっていないか確認をしましょう。

*2017年(平成29年)の防災週間は8月30日(火)から9月5日(月)まで、防災の日は9月1日(木)となっています。

防災の日は1923年(大正12年)9月1日(土)に発生した関東大震災にちなんだもので、関東大震災の教訓を忘れない、という意味と、この時期に多い台風への心構えという意味を含めて、1960年(昭和35年)に、内閣の閣僚了解により制定されました。 防災の日および防災週間では、各地で災害についての認識を深めるための防災フェアや防災訓練などが予定されていますので、積極的に参加しましょう。

また、家庭ではもしもの時に備えて防災グッズの準備/点検や避難場所の確認などを行っておきましょう。

長期間の車中泊避難になったらを想定する